雪山への誘い

GW.

1年前。
南房総でキャンプ。
2年前。
友人と式根島。

なかなか長期休みを取る事ができないので
GWは毎年ワクワクする。そして、数年前のGWにどこへ行ったか
覚えているものだ。
今年はGWが始まる前から山へテントを持っていきたいと思っていた。
去年は5月から12月まで毎月登っていたが、1月からは何かと忙しくなり、
また、友達と予定が合わなかったりで行けずにいた。
4月の半ばに友達と近所の丹沢に登り、足慣らしをし準備万端だ。

4月30日。
月末の仕事で思ったよりも遅くなってしまい、友達に何度も集合時間の変更の
メールをするはめになってしまい、待ち合わせは夜中1時。
それから、ちょっと腹ごしらえをし、いざ中央道へ。
連休の初日だったからか夜中の4時だというのに途中で寄った双葉SAは大混雑で
車が止められない程で本線に合流する加速車線にも車が駐車している状況だ。

太陽の光が東から昇り、空は雲一つない青空。
進行方向、向かって右の窓からは頂きが尖り、雪を被った八ヶ岳連峰を
眺める事ができる。

諏訪ICで降り、山方向へ車を走らせ、1時間。
八ヶ岳の登山口がある「桜平」という駐車場に着く。
そこで、しばし仮眠を取った。
9時頃、隣の若い男女のガヤガヤ楽しそうな声で目を覚まし、
自分らも準備をする。

今日の目的地は本沢温泉。
通年営業している温泉では日本で最高所にある温泉だ。
早速、登り始めるが雪が多い。
アイゼンを靴に装着。正直、アイゼンがないとツルッツルで登れません。



e0096757_1201139.jpg




装着し、アイスバーンの所はザクザクとそうでない所はサクサクと登っていく。
時折、積雪1m近い所はズボッと足が埋まってしまう。
順調に、夏沢鉱泉、オーレン小屋と通過。
この辺りは雪が積もってはいるが、斜面がなだらかなので危険な場所ではなく
快適に歩く事ができる。

オーレン小屋から30分くらい登ると、夏沢峠という峠に出る。
ここでは、雪が1m50くらいは積もっているだろうか。
去年の秋に来た時とは比べ物にならないくらいの積雪だった。

e0096757_127467.jpg


そこからは急斜面な一歩踏み外せば、5mくらいは滑り落ちてしまうだろう
山道を進む。
雪が積もりすぎていて、去年の秋に来た時とは道が全く違うように見える。
1時間程歩くと硫黄の匂いがしてくる。
温泉が近い!とテンションもあがってくる。

すぐに本沢温泉の小屋がみえる。
山小屋から少し下った所に本日の宿泊場所であるテントが張れる場所があり、
テントを設営し、いざ温泉へ。
温泉への道標となる看板さえも雪に埋もれかけている。

e0096757_1441043.jpg


看板づたいに歩くと、眼下に温泉が!
脱衣所もないまさに野天風呂。
GW。しかし、ここは標高2150m。
寒い!!服を脱ぐと同時に温泉に浸かる。
暖かく、気持ちいい!
目の前には夕日で赤く染まる硫黄岳が見える。
なんとも贅沢な温泉。

e0096757_1513355.jpg


すっかり、暖まった後はテント場へ戻り宴の準備に取りかかるのであった。。
[PR]
by yutasaito23 | 2010-05-11 01:53 | アウトドア
<< 奥多摩 This is it >>