<アジア横断旅行記⑲>そうだ、アフガニスタンに行こう

ラホールの宿ではいろんな旅行者に会った。

世界中を旅していて、随時、持ってきたノートパソコンで
旅日記を書いている人。
日系ブラジル人でスポンサーをつけ、バイクで旅して回る人。
中でもすごかったのが、自転車で日本からアラスカに渡り、
北米から南米まで縦断し、アルゼンチンから南アフリカまで
空路渡り、アフリカをエジプトまで縦断し、ヨルダン、シリアと
中東を抜け、パキスタンまでやってきた人。
顔が真っ黒だった。笑ったときの白い歯がなんとも映えていた。

そして、みなアフガニスタン帰りだった。
聞くところによると、今(2002年10月)はだいぶ治安も落ち着いているとの事。
ぜひ、行ったほうがいいよ。といわれたら行くしかないでしょう。
ビザもペシャワールで翌日受け取れるらしい。

早速、近くの写真屋さんに行き、ビザ申請用の証明写真を撮りに行った。
その帰り道、30歳のおじさんに声をかけられ、いろいろと話していたら、
「お腹すいてないか」と言われて、「お腹いっぱいだよ」と言ったら、
じゃあ、「ジュースをおごってやるよ!」と言われたので、おごってもらうことになった。
なんだか、最近、いろんなものをおごってもらっている気がする。

電池を買いに出かけたときに、店のおじさんに、
「日本の化粧品会社のメールアドレス、住所を教えてくれ」
と言ったきた。
「どうして?」と聞いたら、
「おれの店で日本の化粧品を売りたいんだ」
と言ってきた。・・・・・・・・・・んんん??!!!
まあ、とにかく自分のメールアドレスを教えておいた。
考えることがすごいなあ。

なんだか、パキスタン人面白いな。
いい意味で突っ込みどころが満載だ。
やさしいし、おもしろいし。妙に人懐っこいと言うか・・・・。

明日はいよいよペシャワール!!
楽しみ。
[PR]
by yutasaito23 | 2006-10-15 23:03 | 海外旅行
<< <アジア横断旅行記⑳>ペシャワ... <アジア横断旅行記⑱>ラホール... >>