<アジア横断旅行記23>ついにイランビザゲット!

昨夜、ペシャワールを出発した電車はエアコン車両ではなかったけど、
早朝、寒さで目が覚めた。やはり10月ともなると朝は寒い。
パキスタンも秋になったのか。
ペシャワールも朝晩は長袖を着ていないと寒いほどの気候だった。
結局、何度か寒さで目が覚め、布を羽織ながら寝た。


朝、7時を過ぎると車窓からは徐々に建物が増え始めた。
30分後、電車はラホールに到着した。


駅からすぐに宿に向かい、荷物を置いてからイラン大使館に行った。
結局2時間そこで待たされ、ようやく念願のイランビザをゲットした。


それから、クエッタ行きの電車のチケットを取るために、DS.officeといういわば
電車予約センターみたいなところに行った。
場所がわからず、迷っていると親切な?!パキスタン人が現れた。
英語で話しかけたきた彼はなかなか感じの良さそうな人だった。

彼にofficeまで連れて行ってもらい、自分だけofficeの中に。
彼はそこでbyeと言ってあっさり別れた。
おおーいいやつだ。
officeではあっさりチケットがとれ、戻ると、なんとさっきの彼が門で待っていた。


なんだか、案内してくれるらしい。その後、「君は結婚してるの?」
と聞いてきてなんだか怪しいなあ、と思い始めてきた。
まさか、こいつももしや・・・・。
その時、おもむろにおれの体を触ってくる。
そして、「僕は困っている人を助けたいんだ」といってきて、
「何でそんなやさしいの?」と聞いてみたら、
「Becausue I like you」とひとこと。
ついには、「今、君は僕の事を好きにならなくても構わない」
「いずれ、好きになってくれればOKさ」というではないか!
きたーー。そして、この後は時間あるか?と聞いてくるので、
何とか言い訳を作ってすぐにホテルに帰った。


でも、いきなり肩に手を回してきたり、別れ際に抱きついてきたり・・・。
パキスタンはそういう人が多くて親切な人なのかホモなのか
その辺の微妙な判断が難しい。
[PR]
by yutasaito23 | 2006-10-28 14:59
<< 秋・キャンプ <アジア横断旅行記22>カイバル峠 >>