影響されやすい性格

自分で言うのもなんだけど、つくづく影響されやすい
性格だと思う。


そもそも旅を始めたのも、予備校時代の先生から聞いた学生時代に
シベリア鉄道でユーラシアを横断した話がきっかけだし、
写真を撮り始めたのは、大学1年の秋、「地雷を踏んだらサヨウナラ」
という戦場カメラマンの一之瀬泰造の話の映画をみたのがきっかけだった。

去年から、サーフィンを始めたのも鎌倉に住む親戚から「ものすごく楽しいよ」
っていう話を聞いたのがきっかけだった。


今年の夏、昔、ベトナムで出会った友人の誘いでホームパーティーに行った。
そのときに出会った人たちからはいろんな影響を受けた。
影響を受けた、というより刺激を受けたのかもしれない。

自家栽培の野菜で料理し、他の食材も極力、無添加なものを使う。
心にも体にも豊かなスローフード。
学生時代に途上国や先進国を旅していて感じた「豊かさ」という言葉の意味。
これまで本当の「豊かさ」の意味がわからないでいた気がする。
でも、そういうライフスタイルと出会い、胸につかえていたものが少しとれた気がする。

自分が食べたり消費するものは極力、自分で作る生活。
正直、途上国の人にとってはそういう生活をする余裕が無いのかもしれない。
豊かなモノに囲まれている先進国に暮らしてるからこそ考えられる事なのかもしれない。
日本という自然に恵まれた国で生活する中で、モノのほとんどを外国からの輸入品
に頼り、大量消費し、使い捨てしていくサイクルが主流になってるのにひっかかる部分
があった。自分たちの足元を見ていないんじゃないかと。
そこで、「自分で食べ、使うものは自分で作る」というのは、より人間的であって、
それこそ本当の「豊かさ」につながるんじゃないか、と、考えるようになった。


あの7月のホームパーティー以来、そんなことを考えさせられた気がする。
なんとなく知ってはいたけど、こういうライフスタイルを肌で感じて、
なんか嬉しかった。


早速、今度の休みは材木買いに行って、家具でも作りたいな。


正直な話、料理であったり、キャンプであったり、家具作りであったり、
自分で何かを作るのって楽しいな、と今になって思った。
[PR]
by yutasaito23 | 2006-11-26 15:06 | 日記
<< 母校の健闘 <アジア横断旅行記25>... >>