写真展

今日、ふとテレビを観ていたら長倉洋海氏がテレビに出ていた。
アフガニスタン抵抗運動の指導者マスードを取材したり、世界中の紛争地帯
を取材撮影している写真家。

その物腰の柔らかい話し方やカメラに対する愛着を聞いているうちに
引き込まれていった。ちょうど今、新宿でシルクロードの写真展をやっているというので
、たまたま都内に用事もあったので行くことにした。

写真展は中国の西域、パキスタン、アフガニスタン、イラン、トルコ、シリア、
イエメン、ウズベキスタン、グルジア、アゼルバイジャンなどの国々を旅した
写真が展示されていた。
昔、自分が旅して歩いた国々と重なっていることもあり、それらの写真を見ていると
その町を歩いていたときの物売りの張り上げた声や街の喧騒、様々な音、匂い、
味が思い出され、懐かしさがよみがえってきた。

人が撮った写真はその人しか見ていない風景、世界が観れるので
違った世界を見ることができる。
久しぶりに写真展に行ったが、じっくり観すぎてあっという間に時間が経ってた。

明日から世間はGW。
明日出勤したら4連休。
4日からは念願の神津島にキャンプ。
一眼レフを片手にいろんなものに敏感に撮りたい。

というか、おもいっきし楽しめればそれでいいんだけれど!
[PR]
by yutasaito23 | 2007-05-03 01:48 | 日記
<< 東京都神津島村へ <アジア横断旅行記32>奇形!奇形! >>