式根島CAMPおとこくさ vol2

キャンプ場に着き、海を見渡せる場所にテントを張った僕らは
前夜の嵐の為にあまり寝ていなかったので、テントサイトでゆっくりしていた。

そうすると、同じ船で到着した港から歩いてきた人たちが徐々に到着し、
キャンプ場は賑わいを見せてきた。

自分らのすぐ隣にはW大学の「旅の会」の面々総勢20名くらいが
テントを建てだした。
しかし、見た感じ大学1年生でどう見てもテレビゲームが大好きそうで
どう見ても式根島より秋葉原が似合いそうなインドア派な彼らの動きは
悪く、おそらく「旅の会」のリーダーである姉御(うちら3人で勝手に呼んでいた)
がその動きの悪さにしびれを切らし、

「ちょっと、あんた達!ちゃんとテント建ててよね。」
「協力しない人は夕飯抜きだからね!」

とか、

「ここならまだいいけど、山じゃあんた達生きてけないよ!
山は厳しいんだからっ!」

と厳しい言葉が飛ぶ飛ぶ。

e0096757_144778.jpg


そんな中、「旅の会」の中にマドンナ的存在マリンを発見する。
マリンとはうちら3人が勝手につけた名前だが、何故か3人ともそのネーミングを
気に入っていた。

キャンプ場にマドンナを見つけてから、ジーンズからゆるゆるなタイパンツに履き替え、
日が照ってきたのでTシャツに着替え、靴も今シーズン初となるビーサンに履き替えた。
もうこれだけで、気分がぐぐっと島楽しんじゃうぞモードになるから不思議だ。

輪行したチャリンコを走らせる。
夕方の集合時間を決め、3人別々の場所へ走り去る。
車の通りが全くなく、新緑がきれいで、ほんとに走っていて気持ちが良かった。
朝は天気があまりよくなかったが、徐々に天気も晴れてきた。

式根島の一番高いカンビキ山に登った。
ここは360度式根島を見渡すことが出来て、新島も目の前にそびえる。
去年のGWに行った神津島も見ることが出来る。

e0096757_1262883.jpg


だだっぴろい景色を満喫できる小さな岩に座り、しばしその絶景を満喫した。
島の中ののんびりしている道をチャリンコで走っていると去年の夏にチャリンコ
で島一周した屋久島を思い出した。

e0096757_1264642.jpg


夕方近くになり、近くのスーパーで袋いっぱいに夕食の具材、お酒を大量に買い込み、
キャンプ場に到着する頃にはだいぶ暗くなっていた。
ちょうどその時、海が夕暮れでピンク色に染まりきれいだった。

e0096757_141032.jpg


他のキャンパーたちも思い思いの夕食を作っていて、楽しそうな笑い声が聞こえてきた。
例の「旅の会」は定番のカレーを作っている。

僕らはと言えば、鮭のホイル焼き、野菜たっぷり鍋等を作った。

すぐに夕食を食べ終え、キャンプ場からチャリで10分ほど行った温泉に入り、
2次会に備えた。

自分らで石を動かして作ったダイニングに買って来たお酒を並べ、
ランタンに火を灯し2次会がスタート。
どんどんお酒が進み、ランタンの明かりの元、いろいろなことについて語った。
とまあ、語ったというより、このメンバーでは珍しく、大人な会話?!
というか馬鹿話。なんだか歌うわ、なぜか友達に電話するわ、飲むわで
ランタンの周りが別世界ような気持ちよさがあった。

e0096757_153525.jpg

最後、あまり記憶がない中、就寝。
終電やらを気にせず飲むのは久しぶりだったんので気持ちが良かった。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-05-27 02:01 | 国内旅行
<< きたきたきた~ 男くさ~な式根島CAMP!vol.1 >>