「30」と共同生活

友達が30歳になった。

30歳。
一昔前では、だいぶおじさんなイメージがあったけど、
実際、そのくらいの年齢(あと4が月ちょっと)になってみると、
あまり実感がない。

要は、自分の捉え方次第と言うことだろう。
捉え方次第で人生の楽しさが変わってくる。
30歳だから、そのまま惰性で行くのか、新たな自分を見出していくのか。
仲間と、最近色々な企画をしており、いろんなお店の人と会っている。

価値観はみなそれぞれだけれど、なにか面白いことをやりたいという
ベースの部分はみな同じで、それに触れることは自分のそういった気持ち
をさらに高揚してくれる。

30歳まで残り4ヵ月半と限られた時間。
30歳になったら・・・・ていうような気負いはないけど、30になった時に
明確な方向性を見出していられるよう、方向性を日々探って行きたいと思う。

ちなみに、中野に住む友人宅で行った、友達のサプライズパーティー、
楽しかった。
家に帰ってくる友達に内緒でケーキの準備。
帰宅したら、真っ暗な中に、ケーキのキャンドルが揺れているという
シチュエーション。

e0096757_18185558.jpg



しかも、友達の2人とも同じ誕生日と言うことでダブルで幸せな1日でした。


そのまま、正に川の字のごとく横一列になって、寝て、仕事で帰る人を
見送ってから、朝食は昨夜のケーキの残りにイカの塩漬けという甘辛な
コンビネーション。

その後、江古田の町を散策し、美味しいパン屋さんでパンを購入。
江古田には商店街がある。
商店街には売り手と買い手があって、コミュニケーションをとりながら
今日の夕食の材料を買える。
いまや何でも一度に買えるスーパーマーケットで買うことが多いが、こういう
昔からの商店街は好きだ。近所にあれば毎日でも通いたい。
それこそ主婦みたいだけど。

帰宅してからは遅い昼食作り。
といっても、ほとんどは作っていただきました。
ありがとうございます。
玄米に納豆に大根の煮付けに、ほんと素朴で素材の味が出ていて美味しかったです。

e0096757_18281463.jpg


しかし、3食も共にして、「なんか共同生活しているみたいだよね」という発言に
一同、同感。
なかなか面白い日でした。

夕方からは参宮橋にある貸しギャラリーを見に行き、中目黒で働いている友達を迎えに
行く間、代官山のアジアン雑貨abroiへ行った。
ここの店主とは8年前にベトナムの安宿で会って以来、仲良くさせてもらっていて、
今回30を迎えた友達とも8年前に同じ宿で会っている。
しかもその二人が再会するのはベトナム以来8年ぶり。
人とのつながりって実は色々な所でつながっていて面白いものだ。

その後、中目黒の友達と合流し、学芸大学の韓国料理屋さんへ。
この日はめちゃくちゃ寒かったけど、辛い暖かい鍋で一気に暖まった。

昨晩から4食を共にした。
なんだか、変な感じだが、共同生活はこういうものだろうか。

なんだか強化合宿でもしているかのようだった。

今週末も楽しい週末になりそうだ。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-11-27 18:38 | 日記
<< 「一軒家でキャンドルナイト」や... この週末 >>