カテゴリ:日記( 38 )

猛暑の1日~走行距離388キロ~

今日は朝から大失態をしてしまった・・。

あえて、詳細は省きますが・・。


起きてすぐ、車を一路、山梨県某所に向かい、走らせた。
さすがに天気のいい日曜日の朝だけあって、
高速道路に向かう道が混んでいて、普段なら1時間で着くところが、
1時間半かかってしまった。

高速に乗ると、空いていて甲府南ICまでは30分ちょいで到着。

そこから、30分車を走らせ、先発組の友達と合流。
来月行う古民家パーティの古民家の偵察に行って来た。

静岡まで流れる大河・富士川の支流をつたい、ハンドルを切ると、
すぐにその茅葺屋根の古民家がある。
近くによるととにかく広い。
玄関前には大きな庭があり、こんなことやあんなことができるなと想像を
膨らます。
玄関から中に入ると、10畳以上ある部屋が2つあり、長年生きてきた家の
匂いがした。
縁側に腰掛けていると、風鈴の音やみんなの笑い声が聞こえてくるようだった。

e0096757_2343065.jpg



結局、現地にいる時間もあまりなく、数時間いて、周りの環境をチェックしてから
都内に戻った。
16時頃、都内に戻り、18時からの写真教室の飲み会の時間まで、
御茶ノ水のスタバで友達と古民家パーティの打ち合わせをした。

だいぶ、カタチが見えてきて、来月が楽しみになってきた。


その後は、御茶ノ水で飲み会。
といっても、車なのでひたすらウーロン茶。。。。
結局、7杯くらいウーロン茶を飲んだ。
こんな飲んだのはハジメテ。


結局、この日のメーターは388キロ。
タクシーだったらいくらかかるんだろ。

でも、収穫のある1日だった。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-07-13 23:49 | 日記

きたきたきた~

今日はなんという蒸し暑さ・・。
というか、ブログ更新を1ヶ月以上も怠ってしまいました・・・。

まあ、この1ヶ月の間にもいろいろあったわけで。

それにしても、ようやく「夏」がきた~~!!!

4,5月と続いたキャンプ。
6月もということで、先月末、千葉の南房総にサーフキャンプに行く予定だった。
人数も8人くらい集まり、キャンプ場まで予約していたのだが、結局、雨天中止...

せっかく、1ヶ月も前から空けていた連休だったので、千葉に住む友達のうちに
行くことにした。
前々から、イベントの話になると電話は軽く1時間を越え、頭の中はやりたい事だらけで、
収拾がつかないでいた。
たまにはいい機会と、お酒を飲みながら企画やら日程やらについて話していた。
お互いやりたいことを話しているときというのは、夢が広がりお酒が進む。

そして、ひとつのカタチができた。

それが、このブログ。

「虹のたね」

2年位前からやっていたアウトドアイベントをアウトプットできるようなそんな
ブログになっている。随時、写真、動画、レポートなどいろいろ盛り込む予定。

とまあ、お酒を飲みながらそのほとんどは妄想という名のバカ話で、たまに副題であったり、
イベントの内容に書き込む内容を考えていた。

公表しているイベントはブログに載せているものだけど、まだまだ、夏から秋にかけての
イベントを考え中。要は公表することによってもっと輪を広げたり、いろんな企画がうまれ
ていったらいいのかな。



その翌週は、久しぶりに音楽に浸った1日だった。
恵比寿・リキッドで行われたfesta-do-idep!!

idep以外にも、FreeTEMPO、notenative、Q:indiviなどなどハウス系
アーティストのライブが16時から22時まで続いた。
今年に入ってから、2回野外フェスに行ったけど、昼間だったということもあり、
いまいちやりきった感がなかった。

しかし!今回は違う。
idepのナカムラヒロシのDJ辺りからノリノリで踊りまくった。
このままでは酸欠で息が持たないと思い、小休止をしたら、たまたまロビーで
同じ写真学校に通うクラスメイトに遭遇!一緒に行った友達も前の職場の
人に会うなど、世間の狭さを改めて実感した。

その後はFreeTEMPOあたりから、ノンストップだったので疲労感を忘れ、
身体を音楽に委ねた。身体を音楽に委ねる気持ちよさといったらほかには
変えられない。
22時過ぎにライブが終わると、身体が抜け殻のようになり、残ったのは全身に来る
疲労感だけだった。

限られた休日をめいっぱい遊んでまた仕事に備える充実さ。
イベントの準備やらで忙しさはあるけど、やりたいことが形になってきているのは
楽しいものだ。



そんなわけで、明日は鎌倉で今月末よりドイツに旅立ってしまう友達の送別会
兼ホームパーティ。
そういえば、その彼もベトナム・ハノイで出会ったんだっけな。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-07-05 00:44 | 日記

好きな街/鎌倉・葉山

この間、好きな町の一つの鎌倉に行ってきた。

正確に言うと、鎌倉と葉山。


鎌倉は、割とうちからも近いので、小さい頃から車で
行ったり、最近になって自転車で行ったりしている場所で、
歴史ある街というのももちろんのこと、東京に近いのに、
海と山があり、町並みも古いものがたくさん残っていて好きだ。

葉山はほんとうにここ数年までは足を踏み入れたことがなくて、
でも、一度踏み入れてみると、確かに都会で働く人たちの別荘エリアの
ようなところももちろんあるけど、それ以上にふと通りから見える路地裏
がものすごくいい雰囲気だったり、味わいのある街で、まだまだ開拓
のし甲斐のある町。


本当は写真を載せたかったけど、なんということかカメラを忘れてしまったのが
残念でならない。
次行く機会に写真撮ろうと思う。


葉山ではわかなぱんという天然酵母のパン屋があって、
行きたかったのだが、火曜は休日ということで、もう1件近くにあるカノムパン
というパン屋さんに行ってきた。

このお店、月曜と火曜日はタイ料理を出している変わったお店で、行ったのが火曜日だった
のでタイ料理を食べることに。お店のドアを開けた瞬間、タイの屋台で嗅いだ匂いが
して、タイを旅して回っている頃を瞬時に思い出させた。
食べ方も屋台で売っているような惣菜が並べてあり、惣菜を選んでご飯(もちろんタイ米)
と一緒に食べるタイの屋台方式でなんだか懐かしかった。
しかも、味も日本人好みにアレンジするでもなくほんとに本場の味で驚いた。

お腹を満たし、カノムパンから割りと近くにあるTANTO TEMPOというイタリアの
街角にありそうな食料品店に足を伸ばす。
イタリアから取り寄せたチーズや様々なハムやワインや雑貨等決して広くはない
お店の中にイタリアにまつわるいろいろなものが売られている。
このお店も、お店に入った瞬間、イタリアを旅して回ったときの懐かしい感じがした。

ほんとに「匂い」と言うものは一瞬にして、タイムスリップをさせてしまう。
不思議なものだ。

ここでは、おいしそうなプロシュートを購入した。

葉山の海沿いの道を一本入ったところに「旭屋牛肉店」というお肉屋さんに
「しらす」が売っていると言う話を聞きつけ、行ってみたのだが、3月までは
禁猟の為に売っていないとのこと。
しかし、有名な葉山牛を使った「葉山コロッケ」を食べた。
そのままでももちろんおいしいけど、売っているパンにはさんでコロッケパン
にすると尚おいしい!しかし、なんとかこらえ、コロッケだけを購入した。


葉山を後にし、鎌倉へ。
鎌倉では、以前から行ってみたかったヴィヴモン・ディモンシュへ。
カフェカルチャーの発祥と言われていて、オーナーがブラジル好きで、
以前、ラジオでここのカフェの存在を知ってから行きたかったところ。
コーヒーの種類も豊富で、食べ物もおいしそうだったけれど、すでにお腹いっぱい
だったので、ブラジリアンミュージックに身をゆだねコーヒーを飲む。
なんとも、贅沢なひととき。

ヴィヴモン・ディモンシュから歩き、線路を渡ると、アンテナショップの「dois」
というお店。オーナーの堀内さんがブラジルで買い付けた雑貨や洋服や靴、CD
までいろいろなものが揃っている。

すっかり暗くなり、夜は葉山にある和食「満寿多」さんへ。
古くからある、日本家屋をそのままに、縁側や中庭がある非常に温かみのある
お店で、女将さんは話好きで、お店との距離が近くに感じられるアットホームな
雰囲気だった。
三崎港で獲れたぶりやさばは本当においしくて、女将さんに作ってもらった寄せ鍋
も冷え切った体を温めてくれて、体に優しい鍋だった。

女将さんは葉山にはもう60年近くも住んでいて、近頃の再開発を嘆いていた。
自然に恵まれた場所の再開発が進み、マンションに人が押し寄せ、便利なスーパー
マーケットが出来ることで古くからあるお魚屋さんやお肉屋さんをはじめとする
商店街がなくなってしまったらそれほど悲しいことはない。
葉山の良さは、生活に根付いた商店街や古くからの日本家屋の家々があってこそ
だと思うので、これからも素朴で且つ由緒ある葉山であってほしいと思った。


鎌倉から葉山にかけての雰囲気は冬には冬の良さがあって、夏の雰囲気とはまた違う。
春には自転車で漕ぐのは最高のシーズンだし、夏はビーサンで。
秋から冬にかけては地のものがおいしい時期だ。

やはり、これからも何度も来たい街だ。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-01-24 01:08 | 日記

2008年開幕!

皆様、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。


気が付いたら2008年。
仕事は既に始まっています。
何度、平成19年と書いてしまっては消した事か・・・・。


2008年はいろいろと動きそうな年になりそうです。

「挑戦」を目標に、今の自分に満足することなく、昨年以上に
積極的にいろいろなものを吸収するために、いろいろなところ
に出かけ、今自分が知らないものと沢山出会い、刺激を受け、
それを糧にしていきたいと思います。

その中でも「創る」ことをメインにしていきたいな、と。
新しい人間関係や料理、かねてからの目標の家具、陶芸
とやりたいことは盛りだくさんです。

早速ですが、年末からずっとほしかった蒸篭を買いました。
おすすめの「照宝」というメーカーの物です。
サイズは少し大きめで、お皿ごと蒸すことが出来ます!
最初は小籠包を作りたくて買ったのが、蒸し料理の本を
見ていたら、なんと様々な料理が出来る事か!!
何を作ろうかと本を眺めつつ妄想を膨らましているとこです!

e0096757_1224246.jpg



さて、正月はお墓参りをしてから、恒例気味になっている逗子にある親戚の家に
家族で押しかけました。
他の家族はみな車で向かったけど、自分だけあまりに天気が良かったので
自転車で行ってしまいました。その距離30キロ。
家から海沿いの道に出るまでは退屈だったけど、一旦、海沿いの
道に出ると、サーフィンをしている人や、ipod片手に走っている人、
犬の散歩している人、同じく自転車を漕いでいる人、ただ海を眺めている人、
いろんな人がいて、何故かそこにいる人たちが何かを楽しんでいるな
って言うのが感じられた。
結構、こういう夏とは違った海の雰囲気が好き。

だから、2時間は走っていたけど、あっという間に着いた感じだった。
着く頃にはすっかり日が暮れかけてしまったけど。。

e0096757_12313357.jpg



手作りのおせち料理で舌鼓して、近くの神社に初詣。
帰ってからはお鍋を食べる。しゃべる。食べる。

そんなこんなですっかり夜の9時。

2008年、初日から満足いく1日だったな。
今年もいい年でありますように。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-01-05 12:47 | 日記

戦場のメリークリスマス

今日、会社に行く車でたまたまラジオをかけていたら
坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」が流れていた。


この曲を聴くと、あるシーンを思い出す。


今から7年前の冬。
大学1年の時に、一人で海外を旅した時の事。
マレーシア・クアラルンプールからトルコのイスタンブールに向かう
飛行機の中。まもなく、飛行機がイスタンブールに到着する時に、
機内で流れた。


その飛行機には日本人は自分以外乗っていなくて、遠い異国の地で
自分の知っているメロディを流れるのを聴いた瞬間、急に「日本」
という国を恋しくなってしまった。


こういう旅先での振り返る時間が結構好きだ。


こういう経験ありますよね。


e0096757_02144.jpg

[PR]
by yutasaito23 | 2007-12-19 00:02 | 日記

神の宿る島

夜の外の虫の鳴き声が、明らかに秋を感じさせる。

それにしても、こんなに四季がはっきりとしている日本って
なんて素晴らしいんだろう。
特にここ数年、アウトドアに目覚めてから、自然の中で遊ぶ機会が
増えたからかそれをものすごく五感で感じる。

大学の頃は、時間さえあれば海外に行きまくっていたので、
いまいちそういう季節の移り変わりのときは日本にいなかったから
その移り変わりを感じることができなかった。

夏があまりにも楽しく、満喫してたからこそ、この移り変わりが
寂しくも感じる。ほんとにせめて夏が5ヶ月あってくれたらと何度
思ったことか。
でも、今になって思い返すと、始まる前にやりたいと思っていたこと
ほとんどやれた気がする。これも友達のおかげ。2007年の夏、
と言われたらすぐに思いだせるだろうな。

さて、お盆時期毎日朝から晩まで仕事に追われていたので、
みんなより1ヶ月遅い夏休みがいよいよ始まる。

今回の行き先は、8月の北岳を下っているときに、急に呼ばれてるかのごとく
行きたくなってしまった島。正直、この夏が始まるまでは山に興味がなかった。
去年富士山に登ったのも、イベント的な感じが強かった。
けど、北岳を登って山の神々しさや単なるマイナスイオンでは片付けられない
何かを感じるようになった。

そこで、今回は鹿児島・屋久島に行くことにした。
いろいろ準備をしてたら、ふと重要なことに気がついた。
初めての一人旅(日本で)!

さんざん、海外は一人旅してきたのに、日本を一人で回るのって初めてだった。
(今になって気づいた)

とにかく、今はいろんな未知との遭遇のために心をピュアに行きたいと思う。


その前に、1週間分の引継ぎと目の前の仕事をあと2日で片付けねばっ!(汗)
[PR]
by yutasaito23 | 2007-09-10 00:43 | 日記

雨の休みの日には

この3連休、旅に出ようかと思ってた。

しかし、金曜から雨の気配。
土日は台風、ということでおとなしくしていた。

とはいっても、やりたいこと、行きたいとこはある。

金曜日は、夕方から表参道で行われた雑誌「自休自足」のインストアライブの
イベントがあり、行ってきた。
この雑誌、去年から読み始めてるのだがなかなか楽しい。
この雑誌を見てると、こんな生活いいな、とかこうしたいなとか
いろんな可能性を見出せる気がする。
先日発売された「自休自足」のカフェCDに参加している
ticomoonというデュオのライブだった。
ハーブのはじく透明な音とギターの奏でる旋律がなんとも心地よく
引き込まれそうなくらいだった。

そんな空間にいたらこれは明日はどこかいくしかないな
と自分の中で勝手に盛り上がり、土曜は前から気になっていた
カレー屋さんに行く事にした。

結局、行ってしまった。妹と!!
まあ、たまにはいいかと思い、車を走らせる。

茅ヶ崎と辻堂のちょうど中間辺りにあるBOHJAN(ボージャン)
という本格インドカレー屋さんに行った。


e0096757_154662.jpg
レンガ作りで落ち着いた雰囲気。従業員はインドの民族衣装クルタを着ていた。
カレー好きとしてはメニューの全部片っ端から頼みたい気分だったがメニューに
載ってないという、カシューナッツやヨーグルトが入ったまろやかかつスパイシーな一品を頼んだ。







e0096757_1543155.jpg


久しぶりに食べた本格的なインドカレーは絶品だった。
最後に飲んだマサラチャイもおいしい。

早速、日曜はカレーを作ろうと思い、台所に向かうと
父親が既にカレーを作っていた。。
そりゃないよ・・・。

来週つくろうっと。
[PR]
by yutasaito23 | 2007-07-16 02:04 | 日記

写真展

今日、ふとテレビを観ていたら長倉洋海氏がテレビに出ていた。
アフガニスタン抵抗運動の指導者マスードを取材したり、世界中の紛争地帯
を取材撮影している写真家。

その物腰の柔らかい話し方やカメラに対する愛着を聞いているうちに
引き込まれていった。ちょうど今、新宿でシルクロードの写真展をやっているというので
、たまたま都内に用事もあったので行くことにした。

写真展は中国の西域、パキスタン、アフガニスタン、イラン、トルコ、シリア、
イエメン、ウズベキスタン、グルジア、アゼルバイジャンなどの国々を旅した
写真が展示されていた。
昔、自分が旅して歩いた国々と重なっていることもあり、それらの写真を見ていると
その町を歩いていたときの物売りの張り上げた声や街の喧騒、様々な音、匂い、
味が思い出され、懐かしさがよみがえってきた。

人が撮った写真はその人しか見ていない風景、世界が観れるので
違った世界を見ることができる。
久しぶりに写真展に行ったが、じっくり観すぎてあっという間に時間が経ってた。

明日から世間はGW。
明日出勤したら4連休。
4日からは念願の神津島にキャンプ。
一眼レフを片手にいろんなものに敏感に撮りたい。

というか、おもいっきし楽しめればそれでいいんだけれど!
[PR]
by yutasaito23 | 2007-05-03 01:48 | 日記

週末と写真

先週末は送別会2件。


土曜は会社の送別会で、日曜は昔、旅で会った友達
の送別会。というか、激励会。

場所は、鎌倉。
しかも、日曜は天気が最高によくて行ってしまいました。
自転車で。それにしても、天気がよすぎて海沿いに入ってからは
あっという間に到着。

ほんとうに海沿いの遊歩道には天気が良かったからか
沢山人がいて、あ~、春が来た!っていうのを妙に実感した。


鎌倉の親戚の家には結局4人集まった。
親戚の奥さんや子供も参加しての歓迎会。
海を目の前にして、水餃子、小籠包を作っては食べ、飲む。
の繰り返し。天気がよく、外でやったので最高だった。

e0096757_16581627.jpge0096757_16591957.jpg














あまりにペースが速く、あっという間に小籠包をつくる生地がなくなってしまったので
もう一度生地を作ってくれると言うのでその間、海に散歩しに行く。
海の水は冷たかったけど、昼寝したら最高に気持ち良さそうだった。

上半身裸で走っている親子がいたのにはほほえましかった。

e0096757_1745160.jpg


e0096757_1753739.jpg

家に帰ってきてからはまたひたすら小籠包の生地を伸ばして、中に具を入れて
きゅっと上をひねて、蒸篭の中へ。
しばらくして蒸しあがった蒸篭が登場。あけた瞬間の湯気に歓声。食べてまた歓声。

なんだかんだで気が付いたら夜になっていた。
帰り道、皆に別れを告げて自転車で帰る。といっても20キロの道。
なかなか大変だったけど、面白かった。
もう少し暖かくなってくるとより気持ちいいだろうな。






~写真について~

昔はあまり興味のなかった写真。
大学の時、「地雷を踏んだらサヨウナラ」という映画を見て
写真に興味を持ち始めて、海外へ行く時は必ず持って出た。
鎌倉で送別会をした彼は、6年前ベトナムで会って以来、写真が
好きになり、今は写真の仕事をしている。
自分はあくまで趣味で気の向いた時にしか撮らないけど
様々な瞬間を自分の意思でとっておけるのがいい。
これからも気の向くままに撮りたいと思う。

昔からニコンのFEというマニュアルカメラを使っていたのだが、
最近LOMOというロシアのカメラに少しはまっている。

なかなかおもしろい映り方をしておもしろい。
ほんとに撮りたい時はニコンで撮るんだけど、LOMOは気軽に撮れるのが
いい。
[PR]
by yutasaito23 | 2007-04-12 17:22 | 日記

新たな1年

今日、28回目の誕生日を迎えました。


こないだの日曜、江戸川で花見をしてきた。
昔、旅で会った友達つながりの人達。
といっても、去年からホームパーティ、キャンプ、スノボに
いろいろとやってる友達。

新たに3人初対面の人が来てた。
いつも固定メンバーじゃないところが新鮮さがあっていい。
そんな花見の時、少し飲みすぎ、トイレに行って帰ってみると、
みな必死の顔をして新聞紙を押さえていた。
何をしてるのかな、と思ったら、いきなりハッピバースデイソング!

新聞紙の向こうからはこれまた大きなバースデイケーキが。

e0096757_23313993.jpge0096757_2331521.jpg










正直、ここまで友達に誕生日を祝ってもらったのは産まれてはじめて。
この時期の誕生日って、小さい頃から春休み中だし、新しい年度が始まる前で
忘られがちだった。

だから、こうして祝ってもらえるのはいまいち慣れてないので逆に恥ずかしかった。


さて、28歳。


27歳は自分にとってある意味分岐点だった。
知らない世界、やりたい世界に出会えた年。

20歳から24歳くらいにかけてここぞとばかり海外に旅に出かけまくり
色々な文化を見て、海外に対する憧れも強くなった。
社会人になってからの3年は逆に1度も海外に行けずにいて
その分、日本のよさを再認識した。

去年のあるきっかけから、より人間的な生活に目覚める事が出来た。
それは海外に旅していたときに感じていた日本でのモノに囲まれた
生活とそうでない国々の生活とのギャップを埋めてくれるものであった。

今年は料理、畑、家具作り(まだ始められないけど・・)と去年目覚める
きっかけになったものにより磨きをかけて行きたいと思う。

それと並行して、今までやってきた国内、海外へ旅に出ていろんなものを
みて、食べ、写真を撮りたい。あと、サーフィンにキャンプ。そして山登り。
若干、詰めすぎな感も否めないけど・・・・笑

それにいろいろな事を勉強していきたいと思う。


e0096757_23513742.jpg


とまあ、こんな感じですが、
みなさん、これからもよろしくお願いします!

今年もアンテナをたて、色んなものに影響され、
あらたな自分を見つけていきたいです。
[PR]
by yutasaito23 | 2007-04-04 23:52 | 日記