<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

秋キャン!

11月最初の土日に富士山の麓にキャンプに行ってきた。


去年から始まったこの企画。
企画ではないけど、夏の西伊豆キャンプに次いで、秋の富士山紅葉キャンプ
も定番化している気がする。

今回の参加メンバーは約22人(人数が多すぎて把握しきれない 笑)
去年の倍くらいの数。
しかも、半分くらいは会うのも初めての人たち。

それにしても、夏のキャンプも楽しいけど、秋のキャンプも「食」が
メインテーマになるからほんとに作っては食べての繰り返しで楽しい。

今回テーブルに並んだのは、鯛めし、ローストチキン、グラタン、ミネストローネ、
ラタテューユ、餃子、餡ドーナツ、チベット風鍋、ニョッキなどなど、それ以外にも
いろいろあった気がするけど、あまりにも多すぎて忘れてしまいました・・・。

食べるのも22人だからものすごい勢いで、無くなっていく。
気が付いたらあっという間に日がくれていた。

今回、とまる場所はモンゴル風のパオ。
中はとても広くて、6人用だったのだが、結局22人全員が入る事が出来た。
パオの中は暖房が効いていて温かい。
なんと、優雅なキャンプだ。しかも、温泉も付いている。
ここPICAというキャンプ場は去年、候補地として探していたキャンプ場
の一つ。しかし、早々と予約で埋まっていたほどの人気キャンプ場らしい。

e0096757_16105164.jpg


キャンプ場の中には赤く染まった落ち葉が絨毯のように広がっていて
それを踏みしめるのが気持ちがよかった。

翌日は、一人途中で帰るというので、河口湖駅まで見送った。
見送るといっても21人に見送られるので、改札はものすごい事になってた 笑
まるで田舎から東京に出てしまうというような雰囲気・・

改札で見送った後、こっそり線路の方に回り、線路沿いから見送った。
軽い何かの集団のようだった。

e0096757_1612689.jpg


見送った後、車を西へ。
田貫湖へ向かう。

キャンプ場を出発して幹線道路まで2キロほど。
幹線道路に出る信号で止まっていると、後ろからMくんがカメラ片手に
必死の顔で走ってきた。
なんと、myカメラがキャンプ場からずっと車の上に置いたまま走っていたらしい。
危なかった。。というよりMくんありがとう!!以後、気をつけます・・。

田貫湖に行く道中が両サイドオレンジや黄色に染まっていてものすごく
紅葉が綺麗だった。そんな道を1時間走り、湖に到着。

湖のほとりには芝生があって、のんびりムードが漂っていた。
富士五湖ではないけど、この湖は最高だ。

e0096757_16122384.jpg


河口湖や山中湖のようにツーリスティックではなく、西湖や本栖湖のように
大きくなく、精進湖は行った事が無いのでわからないけど、素朴でかつ
富士山が目の前にどかんと見える。
そして、こののんびりムード。

久々に芝生でサッカーやバレーやフリスビーをして童心に帰ってしまった。

それからチャリで湖一周。といっても30分もあればのんびり出来る
お手ごろさ。

まったりして、帰りに「まかいの牧場」というところで遅い昼ごはんを食べ解散。
ちなみに「まかいの牧場」は高校1年の時に遠足で来た事があった。
あれから、10年も経ったのかと思うとすこし感慨深い。
何故か山奥で働いているインド人が作ったナンをほおばりながらそんなことを
考えていた。

その後、少数で近くの「白糸の滝」へ行く事になった。
日本の滝百選に選ばれるほどの滝だ。

白糸の滝の手前にある音止の滝は十分に迫力があった。
白糸の滝も十分に迫力がある。
豪快かつパワフルな音止の滝が男の滝だとしたら、繊細で美しい白糸の滝は
女性の滝という感じだ。
白糸の滝は道から離れたところにあり、音止の滝が守っているような感じがした。

e0096757_16124578.jpg
                         音止の滝

e0096757_1621580.jpg
                       白糸の滝

屋久島に行って以来、滝に少しはまっている。
あの、なんともいえないマイナスイオンというか自然が作り出すパワーに
圧倒され、しばしその場に立ち尽くしてしまう。

日本の滝もいろいろ回って見たい。

再来週は初の東北進出だ!
[PR]
by yutasaito23 | 2007-11-15 16:13 | アウトドア