<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

好きな街/鎌倉・葉山

この間、好きな町の一つの鎌倉に行ってきた。

正確に言うと、鎌倉と葉山。


鎌倉は、割とうちからも近いので、小さい頃から車で
行ったり、最近になって自転車で行ったりしている場所で、
歴史ある街というのももちろんのこと、東京に近いのに、
海と山があり、町並みも古いものがたくさん残っていて好きだ。

葉山はほんとうにここ数年までは足を踏み入れたことがなくて、
でも、一度踏み入れてみると、確かに都会で働く人たちの別荘エリアの
ようなところももちろんあるけど、それ以上にふと通りから見える路地裏
がものすごくいい雰囲気だったり、味わいのある街で、まだまだ開拓
のし甲斐のある町。


本当は写真を載せたかったけど、なんということかカメラを忘れてしまったのが
残念でならない。
次行く機会に写真撮ろうと思う。


葉山ではわかなぱんという天然酵母のパン屋があって、
行きたかったのだが、火曜は休日ということで、もう1件近くにあるカノムパン
というパン屋さんに行ってきた。

このお店、月曜と火曜日はタイ料理を出している変わったお店で、行ったのが火曜日だった
のでタイ料理を食べることに。お店のドアを開けた瞬間、タイの屋台で嗅いだ匂いが
して、タイを旅して回っている頃を瞬時に思い出させた。
食べ方も屋台で売っているような惣菜が並べてあり、惣菜を選んでご飯(もちろんタイ米)
と一緒に食べるタイの屋台方式でなんだか懐かしかった。
しかも、味も日本人好みにアレンジするでもなくほんとに本場の味で驚いた。

お腹を満たし、カノムパンから割りと近くにあるTANTO TEMPOというイタリアの
街角にありそうな食料品店に足を伸ばす。
イタリアから取り寄せたチーズや様々なハムやワインや雑貨等決して広くはない
お店の中にイタリアにまつわるいろいろなものが売られている。
このお店も、お店に入った瞬間、イタリアを旅して回ったときの懐かしい感じがした。

ほんとに「匂い」と言うものは一瞬にして、タイムスリップをさせてしまう。
不思議なものだ。

ここでは、おいしそうなプロシュートを購入した。

葉山の海沿いの道を一本入ったところに「旭屋牛肉店」というお肉屋さんに
「しらす」が売っていると言う話を聞きつけ、行ってみたのだが、3月までは
禁猟の為に売っていないとのこと。
しかし、有名な葉山牛を使った「葉山コロッケ」を食べた。
そのままでももちろんおいしいけど、売っているパンにはさんでコロッケパン
にすると尚おいしい!しかし、なんとかこらえ、コロッケだけを購入した。


葉山を後にし、鎌倉へ。
鎌倉では、以前から行ってみたかったヴィヴモン・ディモンシュへ。
カフェカルチャーの発祥と言われていて、オーナーがブラジル好きで、
以前、ラジオでここのカフェの存在を知ってから行きたかったところ。
コーヒーの種類も豊富で、食べ物もおいしそうだったけれど、すでにお腹いっぱい
だったので、ブラジリアンミュージックに身をゆだねコーヒーを飲む。
なんとも、贅沢なひととき。

ヴィヴモン・ディモンシュから歩き、線路を渡ると、アンテナショップの「dois」
というお店。オーナーの堀内さんがブラジルで買い付けた雑貨や洋服や靴、CD
までいろいろなものが揃っている。

すっかり暗くなり、夜は葉山にある和食「満寿多」さんへ。
古くからある、日本家屋をそのままに、縁側や中庭がある非常に温かみのある
お店で、女将さんは話好きで、お店との距離が近くに感じられるアットホームな
雰囲気だった。
三崎港で獲れたぶりやさばは本当においしくて、女将さんに作ってもらった寄せ鍋
も冷え切った体を温めてくれて、体に優しい鍋だった。

女将さんは葉山にはもう60年近くも住んでいて、近頃の再開発を嘆いていた。
自然に恵まれた場所の再開発が進み、マンションに人が押し寄せ、便利なスーパー
マーケットが出来ることで古くからあるお魚屋さんやお肉屋さんをはじめとする
商店街がなくなってしまったらそれほど悲しいことはない。
葉山の良さは、生活に根付いた商店街や古くからの日本家屋の家々があってこそ
だと思うので、これからも素朴で且つ由緒ある葉山であってほしいと思った。


鎌倉から葉山にかけての雰囲気は冬には冬の良さがあって、夏の雰囲気とはまた違う。
春には自転車で漕ぐのは最高のシーズンだし、夏はビーサンで。
秋から冬にかけては地のものがおいしい時期だ。

やはり、これからも何度も来たい街だ。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-01-24 01:08 | 日記

銀色のシーズン到来!


念願の山形県・蔵王温泉。

ついに念願叶い、この週末男4人で行ってきた。
スタッドレス仕様の車にボードや荷物と大人4人が乗れば
車は満杯状態だ。

金曜の夜、仕事を終え、準備をしてから高速道路を走り、午前2時に
千葉県某所にて集合。
4人が乗り込み、今年初の雪山だけにテンションもあがらないわけが無い。
車内ではスノボのDVDを見て、イメージトレーニング!!
といいたいところだが、レベルが高すぎて、自分らに出来るような技は
無かった。。。しかし、気持ちは盛り上がる!

夜が明けてきた頃、山形自動車道との分岐点の手前、国見PAに立ち寄った。
この国見PAには「牛タン串」が売っていて、朝食にその「牛タン串」を
食べようと盛り上がっていた。今思うと、朝っぱらから串って。。。どうなの?
という感じだが。

結局、朝早すぎて閉まっていたので、お茶漬けを食べる事にした。
PA内で朝食を食べていたのは約30分足らずだったのに、外に出ると
雪が舞っている。道もあっという間に真っ白で、すぐにチェーン規制が
出ていた。

そこから、1時間半ほどで蔵王温泉に到着。
今回は1泊2食付6000円という民宿「こだま荘」
にお世話になる事に。
おじいちゃんおばあちゃん2人で切り盛りする心温まる民宿だ。
2人が話す山形弁はわからないことも多いけど、それ以上に温かさが伝わる宿だった。

早速、着替え、歩いてゲレンデに向かう。
さすがに、念願かなったゲレンデだけあり、とにかく広い
早速、水を得た魚のように4人は短いコースを何度かすべり、久々の雪山で慣らすと
すぐにロープウェイを乗り継ぎ、樹氷コースのある標高約1800mの山頂に向かう。

e0096757_19563012.jpg


この日はほんとに寒くて、山頂に着いた時は吹雪いていた。
明らかに、ボードも持っていなくて、リフトも無ければ、遭難して凍死してしまうような
厳しい環境だった。風も冷たく、少しでも肌が露出している部分に風があたると、
冷たいというより痛い位だった。

しかし、そんな厳しい自然環境が作り出した「樹氷」は「氷のお化け」そのものだった。
ゆっくり鑑賞したいとこだけど、寒すぎて、すぐに下界へすべる事にした 笑
ほんとにずっといたら凍死してしまうような環境だったので。

e0096757_19564854.jpg


それにしても、このスキー場はコースが長い!いちばん長いコースで
その距離なんと8km!!
早速、山頂からそのロ~ングコースをすべる事にした。
雪質もふかふかで転んでもあまり痛くない。
とにかく夢中で滑り続けた。
気が付いたら夕方の5時だった。

民宿に戻り、夕飯までの間疲れ果てて、少し眠ってしまった。
夕飯は山形名物の「芋煮」に鍋!それに青菜や野菜がたっぷり!
どれもこれもおいしく、ご飯もおいしい!
普段どちらかといえば少食がちだが、何度もご飯をおかわりしてしまった。

お腹も満たされたところで、ここは蔵王温泉!!
そう、温泉に行く事に。スノボと温泉は切っても切り離せない!
外に出ると、ものすごく寒くて体は震えっぱなしだった。
地面も凍っており、つるつる滑って今にも転びそうなくらいだった。

e0096757_2014945.jpg


それにしても、温泉街だからか所々から煙が出ており、硫黄の匂いが
なんとも風情を感じさせる。
温泉も露天風呂があり、目の前には雪が迫っていた。
雪を見ながら入る温泉は最高に贅沢だった。

帰りに、コンビニでお酒とおつまみを買って帰り、宿で小宴会。
しかし、疲れ果てた体に、お風呂の後のアルコールはもう眠りへの
誘いのようなものだった。
11時には消灯していた。

翌日は目が覚めた途端、悲鳴が。
そう、筋肉痛の洗礼だ。
まあ、でも翌日に来た事を考えるとまだ若いという事か!

この日、朝は晴れていて、意気揚々とゲレンデに向かったのだが、
いざ到着してみるとものすごい風。
リフトに乗り、上の方まで行くと、下の方から雪が風と共に吹いてくる。
その雪が顔に突き刺さり、痛い!
おまけに視界も悪くて、視界はせいぜい10mといったところか。
さらに天気も曇っているので、ゴーグルを付けると、斜面と空の境がわからない。
もちろん、コブなんか解らないのでとにかく怖い。

e0096757_20462830.jpg


一度、バランスを崩したと思ったら、急に目の前にコブがあり、ありえない体勢で、
上村愛子ばりのジャンプをしてしまい、さらに急な斜面だったので、背中で
10mは滑ってしまった。幸い、怪我は無かったけど、この旅行で最もヒヤリ
とした。

この日も朝から昼に1時間休憩した以外はずっと滑っていた。
宿に帰ってからは、初日と同じように、おいしい鍋料理を舌鼓し、温泉に入った。

しかし、この日は更に疲れていたのか10時過ぎには寝ていた。
初日、車の中でほとんど寝ていなかったので、もう意識を失うかのごとく、
眠りに着いた感じだった。

最終日は朝9時半には山形を出発して、途中、行き食べれなかった
「牛タン」を食べ、千葉に着いたのは3時過ぎだった。
そこで、車を乗り換え、5時過ぎには神奈川の自宅に到着した。

今シーズン最初からいきなり、山形だったけど、だいぶ感覚も戻り、
月末の福島が楽しみになってきた。

それまでは、体を鍛えないと。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-01-16 20:38 | 国内旅行

2008年開幕!

皆様、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。


気が付いたら2008年。
仕事は既に始まっています。
何度、平成19年と書いてしまっては消した事か・・・・。


2008年はいろいろと動きそうな年になりそうです。

「挑戦」を目標に、今の自分に満足することなく、昨年以上に
積極的にいろいろなものを吸収するために、いろいろなところ
に出かけ、今自分が知らないものと沢山出会い、刺激を受け、
それを糧にしていきたいと思います。

その中でも「創る」ことをメインにしていきたいな、と。
新しい人間関係や料理、かねてからの目標の家具、陶芸
とやりたいことは盛りだくさんです。

早速ですが、年末からずっとほしかった蒸篭を買いました。
おすすめの「照宝」というメーカーの物です。
サイズは少し大きめで、お皿ごと蒸すことが出来ます!
最初は小籠包を作りたくて買ったのが、蒸し料理の本を
見ていたら、なんと様々な料理が出来る事か!!
何を作ろうかと本を眺めつつ妄想を膨らましているとこです!

e0096757_1224246.jpg



さて、正月はお墓参りをしてから、恒例気味になっている逗子にある親戚の家に
家族で押しかけました。
他の家族はみな車で向かったけど、自分だけあまりに天気が良かったので
自転車で行ってしまいました。その距離30キロ。
家から海沿いの道に出るまでは退屈だったけど、一旦、海沿いの
道に出ると、サーフィンをしている人や、ipod片手に走っている人、
犬の散歩している人、同じく自転車を漕いでいる人、ただ海を眺めている人、
いろんな人がいて、何故かそこにいる人たちが何かを楽しんでいるな
って言うのが感じられた。
結構、こういう夏とは違った海の雰囲気が好き。

だから、2時間は走っていたけど、あっという間に着いた感じだった。
着く頃にはすっかり日が暮れかけてしまったけど。。

e0096757_12313357.jpg



手作りのおせち料理で舌鼓して、近くの神社に初詣。
帰ってからはお鍋を食べる。しゃべる。食べる。

そんなこんなですっかり夜の9時。

2008年、初日から満足いく1日だったな。
今年もいい年でありますように。
[PR]
by yutasaito23 | 2008-01-05 12:47 | 日記