This is it

昨日、公開最終日のマイケルジャクソンの「THIS IS IT」を観てきた。

正直、あまのじゃく的な性格なので、昔からマイケルジャクソンは
あまり好きではなかった。好きでないのに特に理由もなかったのだが。
聞かず嫌いといったものか。

昨年、マイケルが亡くなった時も、これと言った程のショックがなかったのが
実際のところだった。

しかし、この間、我が家で新年会をやったのだが、その時に友達が持ってきていた
マイケルのDVDを観た時、まさに釘付けになってしまった。
人を引きつける、音楽、ダンス。何をとってもこれまで観た事のないようなものだった。
まさに衝撃だった。その時は平然を装っていたのだが。。

それから、ようやく時間を作りなんとか公開最終日に駆けつけた。
圧倒的な存在感はDVDで観た以上だった。マイケルに憧れ、マイケルとの共演を
夢見て世界中からやってきた若者達。
彼らを思うと、一度も本番のステージで共演できなかったのは悔やまれる事だろう。
しかし、同じ時間を共有した事は一生忘れられないだろうな。
あっという間の2時間。
映画が終わると、観客席からは拍手が自然と起こっていた。

そして、映画が終わった後に感じたのはマイケルジャクソンという人物が既に
この世にいないという現実。
その事実はある種受け入れがたいものだった。

「死ぬ前にしたい10のこと」を選ぶとしたら、間違いなく「THIS IS IT」
のステージを観る事が入るだろう。
e0096757_2321913.jpg

[PR]
by yutasaito23 | 2010-01-26 02:36 | 映画
<< 雪山への誘い 奥多摩 2days トリップ! >>